"デシネ・コラム/dessinee column " について


東京渋谷の鶯谷町に実店舗を持つ、セレクトショップ『デシネ・ショップ (dessinee shop)』のコラムページです。現在、毎月のオススメ・アイテムをご紹介している『dessinee monthly recommend』と、コラムの『complesso』と『Special Topics』という3つのコンテンツがあります。


line_1.gif


毎月のオススメアイテム一覧 "disques dessinee monthly recommend"


dd_monthlyrecommend.jpg

デシネ・ショップが特にオススメしているアイテムを、月ごとの一覧でご紹介しています。チェック漏れが無いか、気軽にご確認下さい。


line_1.gif


特集ページ "Special Topics / スペシャル・トピックス"


st_title.jpg

 

デシネが推薦するレーベル、アーティスト、デザイナー、ブランド、またレコード/CDのアクセサリーや、お役立ちアイテムなどをピックアップしてご紹介する"特集ページ"です。(現在、お休み中です)

line_1.gif


音楽コラム "complesso"

head_1.jpg



スタッフによる音楽コラムです。普段、ショップで紹介&販売しているステキな音楽達を、いつもとは違った視点で、あるいは新しい切り口で、軽快な文章に乗せて紹介してしまおうと言う
(願望の元にスタートした)読み物ページです。(現在、お休み中です)


2010年5月31日 16:47

音楽コラム"complesso"#6

head_1.jpg

list_6.jpg

clown.jpg

-『手前味噌』とは自分の家で作った味噌の味を自慢すること。自分で自分のことを誇ることである-

自分自身の事では何も誇るような事は無い僕ですが、プロダクション・デシネでリリースさせてもらっているアーティストや、その素晴らしい作品達は"声を大にして""自分のことのように"自慢したいんです(だから、一所懸命リリースを続けているのです)。と言う事でプロダクション・デシネの2009年、やや頑張りましたので、おさらいしてみます...。


complesso06_1.jpg
(1.) Ray Wonder - Good Music Plus (PDCD023 / VSCD9354 \ 2,520-)
プロダクション・デシネ、2009年の幕開けは、僕がレーベル設立時から(勝手に)夢見ていた、僕にとっての伝説の最強バンド"レイ・ワンダー"からスタート。僕も人並みか、人並み以上に色んな音楽を聴いて来ましたが、彼等のスゴさは断トツ。もはやロックバンドとして"どう"、とかの次元では無いのです...。まさしく"グッド・ミュージック"なのです。ちなみに、この作品以降の、プロダクション・デシネのリリースのジャンルは全て"グッド・ミュージック"に決定しました(笑)。詳しくはCD帯の下の方をご覧下さい。

(2.) The Clown - Clownism (Japanese Deluxe Edition) (PDCD024 / VSCD9355 \ 2,730-)
このアルバムは、一生かけて売り続けたい、かも。今ままでリリースした作品は全部大好きで、だからこそリリースさせてもらっているのですが、この作品だけは別格かも知れません...。

(3.) Ray Wonder - Superwonder (The Best of Ray Wonder) ( PDCD025 / VSCD9356 \ 2,520-)
まさしく彼等は"スーパーワンダー"。自分にとっての"ベスト"バンドの、さらに究極のベスト盤。もう、どうしたら良いんでしょう.ジャケットも間違いなく"スーパーワンダー"です。

(4.) Hank - The Family Album (PDCD026 / VSCD9357 \ 2,520-)
「Cad III」のイントロの時点で笑いが止まりません。ヘンリックが天才なのは知っていましたが、ちょっと神がかっていると言う事を知りました...。

(5.) Giorgio Tuma - My Vocalese Fun Fair (PDCD027 / VSCD9358 \ 2,415-)
(6.) Giorgio Tuma - Uncolored (Swing'n'pop around Rose) (PDCD028 / VSCD9359 \ 2,415-)
南イタリアが生んだ"ピュア"な天才SSW、ジョルジオ。まさか今のイタリアからこんな才能が出て来るとは...。この人は、まだまだ伸びて行くんでしょうね...。楽しみ過ぎます。


complesso06_2.jpg
(7.) Cravo & Canela - Preco de Cada Um (PDCD029 [PDCD007] / VSCD9360 \ 2,730-)
ピエール・マイゼロワ、ビアギッテ・ルゥストゥエアに続く再リリース作品。良いモノはマイナーでも売れる、と言う事を再び実感させてもらいました。国産のハイクオリティ印刷で表現された紙ジャケットも最高ですネ。

(8.) Roberto Pregadio - Alle Tastiere (PDCD031 / VSCD9362 \ 2,730-)
昨年のモニカ・ドミニクに続く、僕の長年の愛聴盤を奇跡の復刻。マスターテープがオフィスに届いた瞬間の喜びは言葉に出来ません。流行り廃りに関係無く、いつまででも聴いて頂ける名作だと思います。やや偉業...?

(9.) Victor Sabas Quartet - A Pou Zot... (PDCD032 / VSCD9363 \ 2,730-)
全く無名の"名作"。音だけで勝負すると言うのは、プロダクション・デシネにとっては"全然"当たり前の事ですが、この作品は、ホントに誰も知りませんでした(笑)。しかも、権利交渉も2度流れて3度目の正直で遂にクリア。その心意気も合わせて聴いて頂きたいです。

(10.) V.A.(Compiled by Masao MARUYAMA) - musique dessinee 03 ~ Essence (PDCD033 / VSCD9364 \ 2,835-)
少し遅くなりましたが、シリーズ3作目が出来ました。沢山の人に「次はいつ?」、「楽しみにしてるよ」のお声を頂きました。ありがとうございました。と言う事で、今回もマイペースに期待はずれな作品が完成しました(笑)。しかし、収録曲は、いずれも"ホント"の名曲ばかりと信じます。素直な耳で聴いてもらえると嬉しいです。

(11.) Martin Haak Kwartet - Retouch (PDCD034 / VSCD9365 \ 2,730-)
2009年の最も"粋"な逸品になりました。難しい事は何もありません、ただただ美しく感動的な「For no one」の名カヴァーに耳を傾けてみて下さい。

(12.) Swissy - She Smiles (PDCD035 / VSCD9366 \ 2,415-)
2009年最大の衝撃。「Rainy Days」に心底驚き、「How It All Started」で号泣する。こんなに良い作品、もう二度と出会えないんじゃないかと心配です。でもま、これがあればもう良いような気もしますけど。ディスク・デシネの全てのお客さんに聴いてもらいたい、と言うか世界中の音楽好きに聴いてもらいたいです。

-------------------

2009年のプロダクション・デシネのリリースは全11タイトル。どちらかと言えば僕は、ディスク・デシネでのバイヤー業とかが本職なので、その隙間を縫って結構働いたなぁ... と言うのが、率直な感想です。当たり前の事ですが、どの作品も素晴らしく、是非とも色んな人達に耳を傾けてもらえればなぁと思っています。残念ながらプロダクション・デシネは、所詮は地方の弱小インディレーベルです。大きな力や知名度、財力は皆無です。それでも僕は、自分が受けた感動をちょっとでも他の人に伝えられればと思いこのようなリリースを続けています。なので、少しでもウチの作品を気に入ってくれたリスナーの皆さんが、"マイナーだけどこんな作品があるよ"、と広げて行ってくれれば嬉しいです。いつまで続けれるかは分かりませんが、今後とも何卒宜しくお願いします。

プロダクション・デシネ 丸山 雅生 (2009.12.29)



-------------------
<<<< 前へ Complesso 05: 『2009... (通常版)』
>>>> Complesso トップページへ
>>>>
ディスク・デシネのトップページへ



footer_w.jpg

2010年5月30日 19:15

音楽コラム"complesso"#5

head_1.jpg
list_5.jpg
clown.jpg
「ん、もう年末...?」。

結局、去年と同じような出だしになりましたが、やっぱり今年も同じ気分です。一年を振り返る時期がやって来たのです。思えば、2009年はかなり熾烈な一年だったかも知れません。何と言っても、一年通じて殆どお休みを貰った記憶がありませんから(笑)。そして、我が街・神戸は、日本国内での"新型インフルエンザ"発症(発祥)の地となり、街中から殆ど人が居なくなると言う寂しい現象にも遭遇しました。さらには長引く"不況"ってヤツも。円高は嬉しいけれど...、モノが売れなきゃ商売にはなりませんから。そして肝心要の音楽業界ですが、これは前者達とは比べ物にならないほど悲惨だったようで...。もちろん、当店も存続の危機に瀕している訳で、お先も真っ暗ですが、僅かな希望と言うか、個人的に嬉しかったのは『それでもイイ曲は沢山生まれ続けている』と言う事実。これは、当店ディスク・デシネが単なる、中古盤専門店、レア盤屋じゃなくて良かったぁ~、と思える一番のポイントです。だって、後ろ向きよりは前向いている方が、ホントに楽しいんですから...


complesso05_1.jpg

(1.) The Clown - Clownism (production dessinee)
ええ、そうです。2年連続です。もはや名曲「Pick me up」は僕の心の名曲となりました... 永遠に。この素晴らしさが分からない人...、ホントに可哀想。

(2.) Geyster - No kiddin' (Somekind Records)
ハイペースで完成した3rd。まずは「Change Of Heart」で涙、そしてフロアで爆発する「Come My Direction」が最強のキラー!数多いミュージック・デシネ・クラッシックの中でも、断トツの美メロ・ダンサー!!

(3.) Kaleo - Aloha Monday (CCRE Music)
まさかまさかのハワイアン・メロウグルーヴのニューカマー。もしかして、どんなハワイアンのレア盤よりも好きかも。って位に素晴らしい歌声と歌心満載です。何万もするようなハワイ産のレア盤買うよりも、このCDを10枚位買っておいた方が良いんじゃないでしょうか...。

(4.) Mari Persen - Mari Persen (Music For Records)
スミマセン、ザ・ロイヤリティーズよりも好きかも...。たぶん、ギターポップとか、ロックとかそう言うキーワードを気にする人が聴いたら"フーン..."って感じなんでしょうけど、僕的には"怒"ストライク。名盤です。

(5.) Rodrigo Del Arc - A kind of bossa (Omagatoki)
才能ってヤツ?曲良し、声良し、顔良し、センス良し... 他にも何か要りますか???これでさらにジャケットが良ければ、ホントにエグかったかも知れない、脅威のブラジルのSSW。

(6.) Matthew Halsall - Sending my love (Gondwana Records)
あんまり垢抜けていない感じも...(スミマセン)。しかし、故にその音楽は、心の奥にまで染み込むような...。英国(非クラブ)ジャズの未来に、やや可能性を感じました...。体育座りジャケットもイイ

complesso05_2.jpg

(7.) Smooth Reunion - Cleaning up the businee (P-Vine)
これまた若者による信じられない1枚。名曲「Bmpd」で瞬殺されました。スウェーデン、恐るべし。

(8.) Nat King Cole/V.A. - Re:Generation (EMI)
衝撃度ナンバー1かも。いわゆるリ・エディットなんですが、「Lush Life」が悪夢のようなカッコヨサ。まるでミュージック・デシネのパーティーの為にあるかのような、極上のドラマチック・ダンサー!

(9.) Quantic & His Combo Barbaro - Tradition in Transition (Tru Thoughts)
この人昔からスゴいんですが...、もう行くトコまで行っちゃった感じです。そしてそれがまたスゴかった。もはや比較対象無し...。

(10.) Patrice Caillet - Discographisme recreatif 2009 (ed. bricolage)
パトリス・カイエがまたやりました。この人、メチャクチャ男前で、しかも素晴らしくイイ人なんですが。その上にセンスも良いってどう言うこと?そんな、ファンタスティックなフランス人が作った、(ホントの意味で)洒落心満載の楽しいレコード・ヴィジュアル本。

(11.) Waltz for Sweetie CD Bag (la reine Reinette x production dessinee)
今年も懲りずにグッズ制作を行いましたが...、中でもレネットさんとのコラボは、遂にホントの意味での"コラボ"になりました。末永く愛される一品であって欲しいです...。

(12.) V.A. - More Ethiopian soul and groove (L'arome Productions)
未開の境地。世界には、まだまだそんなのがあるんでしょうか?この情報化社会下で、いよいよその一部が日の目にさらされつつあります。エチオピアのグルーヴィーな音楽...、それだけでもヨダレ物。.



と言う具合に、今年も足早に振り返ってみました。こうして俯瞰してみると、やっぱり自分の好きなモノはいつも同じような感じですネ。"バカの一つ覚 え"ってヤツ?まぁ、もう10年以上この感覚がブレる気配も無いので、もしかしたら一生このままなんでしょう。とにかく"ジ~ン"と"感動"出来る、"メ ロディ"の"イイ曲"。そんな感じの曲を探し続けるのが僕の仕事だと思っているので、2010年もガンバリマス。皆さん、少しづつでも良いので、気に入っ たアーティストや音楽の"CD"や"レコード"買って下さいネ。ダウンロードだけじゃ、アーティストも可哀想ですよ。ちなみに、上記の12枚、基本的には 順不同です。
(「2009...(手前味噌版)」へ続く...)

丸山 雅生 (2009.12.19)

--------------------
<<<< 前へ Complesso 04: 『うちカフェ.』
>>>> 次へ Complesso 06: 『2009... (手前味噌版)』
>>>> Complesso トップページへ
>>>> ディスク・デシネのトップページへ


footer_w.jpg





2010年5月30日 18:41

音楽コラム"complesso"#4

head_1.jpg

title_4.jpg
complesso04.jpg
店頭に来られたお客様に一番良く聞かれる質問が、「自宅でカフェ気分を味わえるCD / レコードはありますか?」。コレ、理想ですよネ。お家で美味しい(か、どうかは分かりませんが)コーヒー片手に、ぼーっとしながら本を読んだり、空想に耽ったり。何時間居座ったって冷たい目で見られることもない、"うちカフェ"。お洒落なインテリアに囲まれたカフェで流れる音楽は、どこか"特別"お洒落に聴こえるモノですが、それじゃ逆に、お洒落な音楽を流せば、たちまち自宅がお洒落カフェになるのでは...?!というコトで、音が零れ落ちた途端、人気のカフェにも負けないような、いつもとちょっと違う"特別"な空間を作りだしてくれる10枚を選んでみました。



mycafe1.jpg


(1.)Caetano Veloso & Gal Costa - Domingo (ユニヴァーサル)
若き男女が作り上げた最高の"日曜日のBGM"。何とも言葉に出来ないこの独特の雰囲気は、何もしないで、ただボーっとしている時の何とも言えない幸福感そのもの。"うちカフェ"に求めるモノって、この幸福感だと思うのですが、如何でしょう?

(2.) Cartola - Verde que te quero rosa (BMG)
苦味とコクが魅力のマンデリンコーヒーのような1枚...。とか格好イイ事を言いつつ、ジャケットで選びました(笑)

(3.) Pery Ribeiro + Bossa 3 Encontro (EMI / Odeon)
コレは私のコーヒー・タイムにマストな1枚!香ばしくて、エスプリな雰囲気溢れる小粋なボサを披露してくれるPery Ribeiro。そして、彼のジェントルな歌声のバックを務めるのがBossa 3なんだから、コレは文句なしでしょう。

(4.) Chet Baker - It could happen to you (Riverside)
このアルバムが、というよりチェット・ベイカーの歌声が"特別"な空間を演出してくれるんですよネ。正直、昔は"シャキ"っとしない彼の歌声が好きじゃなかったんですが(笑)、歳を重ねると共に、何とも言えない脱力感が妙にツボに...。

(5.) Andrea Pozza Trio - Drop this thing (Deja Vu Records)

「Nebulosa」に、「不思議の国のアリス」、「Perfect day」など聴き馴染みのある名曲を多く取り上げてくれているのも嬉しい1枚。本格的なピアノ・トリオ作品なのに、全く重さを感じさせない彼らの演奏は、何杯(回)でもおかわりできちゃいます。



mycafe2.jpg

(6.) Serpentina - Planeando en tu azotea (Elefant Records)
この胸をググッと掴まれる感じは何でしょう。情熱的でも感情的でも決してないのに、胸の奥がジーンと熱くなる「Querido miedo」が大好きです。うっかり昔の彼氏とか思い出してしまいそうです...(笑)

(7.) Cloudberry Jam - Right Here right now (Handcutsrecords)

彼女たちの音楽って、どんな悲しい失恋ソングだって、聴き終わった後には幸せな気持ちになれるから不思議。甘酸っぱくてポップでちょっぴり物悲しいメロディと歌声は、永遠に尽きることのない、乙女たちの恋バナのBGMにピッタリでは?

(8.) 原田知世 - Music & me (Avex)

彼女のフワリとした空気感と、透明感が見事に音楽に溶け出た1枚。彼女のようなステキな女性になれないのは無理も承知。それでも、このアルバムを聴きながら、コーヒー片手に本をパラパラ~とめくれば、すっかり気分は...。

(9.) Michel Klotchkoff Trio + Chris Woods - Full space (Celeste)
「ジャズを好んで聴くようになったのはいつからだろう?」と考えた時、頭に浮かんだのがこのアルバム。""難しそう""というイメージを、オープニング曲「Full space」が一蹴してくれた、私にとって大切な1枚。様々な「色」を感じさせる音楽たちは、まるで""観る""ように""聴く""コトが出来る音楽...。何かをしながら、ではなくて、音楽に向き合って、描き出される色鮮やかな世界を"観て(聴いて)"欲しいなぁ

(10.) Giorgio Tuma - My vocalese fun fair (production dessinee)
一瞬で空気を変えてしまう音楽。""ココ""ではないどこかへトリップさせてくれるような音楽。そんな魅力(魔力?)を持った音楽、それがジョルジオ・トゥマさんのこのアルバム。音が零れ落ちるたびにローラーコースターが夢の世界へと連れ出してくれます...


--------------

私自身、CDやレコードを選ぶ時、「あっ、コレはモーニング・コーヒーのBGMに合うな」とか、「コレは一仕事終えて、ちょっとホッとする時のコーヒー・タイムにピッタリかも」とか、"音楽"+"生活の中のシチュエーション"+"コーヒー"を結びつけてイメージするコトがとても多いです。可愛いマグカップを選ぶように、美味しいコーヒー豆を買うように、音楽もインテリアの一部に取り入れたら、もっと理想の『うちカフェ』空間を演出できるんじゃないかなーと思います。


「手間隙かけて美味しいコーヒーを作る」ように、「レコードを裏返して針を落として...」というひと手間とか、CDをたくさん持ってきて「どれにしようかなぁ」なんて散かしながら選んだり、とか、そういう"アナログ感"って、いくらデジタル化が進んでも必要だと思うんですよね。

今の時代、利便性を追求してどんどんデジタル化されていく中で、あえて"面倒くさいコト"をするコトがゆとりの証だったり、逆にそこからゆとりが生まれるのかも?ディスク・デシネを利用して頂いている皆さまには、いつまでも"アナログ感"を大切にして頂きたいデス...。そうである限りは、ディスク・デシネはなくならないでしょう(笑)

(橋田 純 / 2008.06.10)

--------------

<<<< 前へ Complesso 03: 『2008...』
>>>> 次へ Complesso 05: 『2009...(通常版)』  
>>>> Complesso トップページへ
>>>> ディスク・デシネのトップページへ





footer_w.jpg




2010年5月30日 18:21

音楽コラム"complesso"#3

head_1.jpg


list_3.jpg
「え、もう年末...?」。ディスク・デシネを始めてからと言うもの、毎年のようにそんな事を言ってる気がします。やっと、通年業務の流れが掴めて来た頃には、プロダクション・デシネと言うレーベルを始めてしまい忙しさは倍増。

そのペースも何となく読めて来た頃には、お店の移転で激務。さらに毎年・年末には(既に恒例の)DJパーティー『musique dessinee』の"お祭り仕様"の開催と、年末は常にドタバタしている気がするのですが、たまには"普通の"年末気分を味わいたい!と言うことで、僕の2008年を彩ってくれた素敵な名曲達を(柄にも無く)振り返ってみることにします... (当然のことながら、一番よく聴いてて、思い入れもたっぷりの"プロダクション・デシネ"でのリリース作品は割愛しております。言うまでも無く、全作品" 最高"ですから!)


column03_1.jpg

(1.)The Clown - Clownism
(Hjordisc records)
今、一番プロダクション・デシネでリリースしたい作品は?って聞かれたら、ほぼ確実に"コレ"って答えます。もう、奇跡としか言い様の無い"感動"と"メロディ"の数々。今の僕にとっては、アルバム全てがパーフェクトな位にスバラシイ。Henrikの歌声/ソングライティングには、確実に魔力があります。切なさ、儚さ、優しさが渾然一体となって込み上がる「Pick me up」のフワッとした感じに、いつまでも包まれていたい気分です...。ダントツで、2008年最も"感動"した逸品。

(2.)Sissy Wish - Beauties never die (Flake Sounds)
こう言う才能のある人は、是非ともバカ売れして欲しいと切に願います。あと、ついでに来日してライブとかもして欲しいなぁ... 100%の確率で観に行くでしょう&最前列狙います。

(3.)Final Solution - Brotherman (Numero)
衝撃度・No.1です。有名なアーティストのデモテイクとか、どうでもイイ感じの未発表曲とかならどうでも良いんですケド、こう言う内容がスゴ過ぎる"未発表音源/作品"とか、本気でスゴすぎる...。

(4.)It's a Musical - The music makes me sick (Morr music)
滑り込み"ミラクル"。ジャケのセンスも素晴らしい。まさに、言葉が無力化させられる感じです。タイトルも天の邪鬼な感じでソソりますネ...。

(5.)Andrea Pozza Trio - Drop this thing (Deja Vu)
公私共々仲良しのパオロがリリースした、idea 6に続く(素晴らし過ぎる)イタリアンジャズの"今"。ブームに乗って(か?)、雨上がりのタケノコのように出て来る"今のジャズ(クラブジャズって言うの?)"っぽい人達とは桁違いのセンス/エレガンスに彩られた名作。流石...。



column03_2.jpg


(6.)Caitlyn - Brain vs heart (Dreamusic)
『思い出のサニー・ドリーム』って邦題はどうかと思いますが(笑)、確かに"うんうん"とうなずいてしまう位に"青くて爽快"な名曲「Scenes From a Sunny Dream」がサイコウ!忘れてた何かを、隅々まで(必要ないことまで(笑))思い出させてくれます...。

(7.)Archie Cavanaugh - Love Birds (Archie Cavanaugh)
ロジャニコ(←も最高!)を筆頭に、今年もカムバック作品は色々とありましたが、28年振りに復帰作を発表したこの人もスゴかった。しかも、そのサウンドがほんのりアーバンに進化してるところもスゴかった!日本盤はいつ出るんでしょうか?

(8.)Joel Alme - Master of Ceremonies (Sincerely yours)
この、ややモサッとした歌声がダメな人はダメなんでしょうか...?しかし、熱く込み上がるコノ感じには滅多な事では出会えませんヨ。激しく叩かれるピアノと華麗に舞うストリングスの格好良さは言葉になりません!

(9.)Geyster - Everytime I see your face (P-Vine)
大躍進の2nd。思いっきり歌モノ・ハウス指向だった前作から、より"ソウルフル"に、より"歌心"を増した極上メロウな傑作。「Runaway car」なんて、驚愕の名曲でしょう...。

(10.)Elias & The Wizzkids - Little Mess (Thistime)
すみません、アルバムは通してちゃんと聴いてません。でも「24」は何百回も聴きました。聴けば聴くほど胸に沁みるんです...。



と言う感じで、足早にお届けしました。今回は、2008年にリリースされたモノ、お店に在庫のあるモノの中から選びました。詰まるところが、新譜じゃなくなっても、話題性が薄れても、みんなの記憶の片隅に追いやられても、世の中的には終わっちゃった感じになっても、ディスク・デシネで、ズッ~と定番として売って行きたいモノ、を選んだ"だけ"です。それが昔から変わらない商品セレクトの基本であって、"売れる商品を見つけて来る"んじゃなくて、" とことん好きな作品を紹介して行く"のが、僕の仕事な訳です。だから、ジャンルも年代もスタイルも何も関係無いのです。いつ聴いてもイイなぁと思える作品と言うのは、全て"たった一つ"の共通項で繋がっているだけに過ぎません。そう、"感動出来るメロディが、素敵にデザインされて鳴らされる"って事です。それを皆さんが気に入ってくれて、買ってくれたりすると、なお嬉しい訳です。そうなれば、今以上にドンドン張り切ってしまえるハズです(笑)...。オシマイ。

(丸山 雅生 / 2008.12.30)


---------------
<<<< 前へ Complesso 02: 『雨』
>>>> 次へ Complesso 04: 『うちカフェ』
>>>> Complesso トップページへ
>>>> ディスク・デシネのトップページへ


footer_w.jpg

2010年5月30日 17:53

1  2  3  4